幸せになるために

時には諦めることも大事

こんにちは。
スピリチュアルメッセンジャーの沙耶美です。




studioessen / Pixabay

以前に、【諦める】の語源をご紹介したことがあります。

諦めることは素晴らしいこと!

諦めるとは、決して「断念する」という意味ではなく、「物事の本質を明らかにすること」とお伝えしました。

私は占いというジャンルのお仕事をしていて、「お金」の問題、「仕事」の問題などは、比較的簡単に解決する道が見えてくるものだと思っています。それは、自分と向き合うということが根底の課題にあるからです。

しかし、恋愛に関しては、なかなかそう簡単にはゆきません。
なぜなら、自分の感情だけでなく、相手の感情もあるからです。

自分と向き合えばいいだけであれば、恋愛は誰でも成就するものだと思います。
でも、これは自分が相手を好きであっても、相手は全く興味がないということは、多々あることで、ある意味もう、仕方のないことです。無理やり振り向かせることはできませんから。

また、どんなに好きになっても、お互いに既婚であったり、相手が既婚者であることもあるかもしれません。その人の考え方にもよるのかもしれませんが、宇宙の法則からすれば、不倫、婚外恋愛はやはりよろしくないことです。




私が鑑定していると、守護天使は「あきらめなさい」ということがあります。それは、恋愛に関してがほとんどで、その意味は「この恋はどんなに頑張っても成就しない」というときと、「たとえ成就しても、成就することが幸せではない」という時とあります。

これは本当に難しい問題で、鑑定する立場としてはお客様の心情を汲みとって、その恋が成就するように、何とか道を探して差し上げたいと思います。

しかし、成就することがイコール幸せではないこともたくさんありますし、相手のお気持ちを知ったところで、それが本当の幸せなのかどうか、という点でみると、違うことの方が多いのですね。

守護天使が「諦めなさい」というときは、「断念しなさい」という意味で言っているわけではなくて、「その物事の本質を見極めなさい」という意味でそう伝えます。

特に、お客様がもうすでにその恋愛の本質、お相手の本心などをちゃんと理解しているのにもかかわらず、見てみないふりをしているときには、このメッセージが入ってくることが多いです。

今までは「占い」という世界で、その暗黙のルールに従って、お相手の気持ちを拝見したり、その恋の行方を拝見したり、してまいりました。できるだけお客様のお心に寄り添いたいという気持ちが強かったからですが、6月末からの活動に関しては、お相手の気持ちや恋の行方は一切拝見せず、「本当に幸せになる道、生き方」だけをお伝えする活動にシフトすることにしました。

スタイルは、また改めて決めてゆきたいと思っています。
6月15日までには、ちゃんとお伝えできるかな。と思います。

5月にに東京で対面鑑定を行います。詳細は、改めてご連絡いたします。
普段は愛知県におりますので、東京での鑑定は数か月に1度です。
東京の対面鑑定日程は、コチラをご覧ください




コメントを残す