自然界・宇宙の法則研究家 スピリチュアルメッセンジャー

罪悪感を持てばもつほど、無駄遣いにつながる




こんにちは。
スピリチュアルメッセンジャーの沙耶美です。

人は生きている間に、いろいろな経験をします。
その中で、失敗もあれば、罪悪感を持ってしまうことも時にはあります。

罪悪感は意外と根が深くて、自分の中にいつの間にか植え込まれているもの。
そしてその罪悪感が故に、しなくてもいいことまでしてしまって、取り返せない損をすることが多くあるのです。

以前に、こんなお客様がいらっしゃいました。

ご自分で会社を経営していらっしゃる男性で、ビジネスがうまくいかなくなって、自分の実家に引っ越しをしなくてはならなくなったそうです。東京から地方への引っ越しは、想像以上に大変で、奥様は住んだことのない地方でいろいろ大変なおもいをなさったそう。

それをみて、ご主人様は「自分のせいだ」と自分を責め、罪悪感を持つようになったのですね。

そのため、ビジネスで少しうまくいきかけたときに、得た利益を全部使って、奥様の希望をかなえてあげようとしたのです。でもそれは本来、仕事のお金ですから、ビジネスに使うべきこと。次の仕事を得るための投資に使わなくてはいけなかったのですが、ほとんどを、奥様を満たすことに使おうとした。

奥様を満たすことは大事です。でもそれはお金で満たすことではない。
心で満たすものであって、お金ではないんですね。

で、結局その後またビジネスがうまくいかない時期ができてしまった。次の投資ができていなかったからです。

 

2回目にビジネスがうまくいかなくなったときに、私のもとにいらっしゃいました。
この方とお目にかかった瞬間、守護天使が私に「罪悪感の塊」とつぶやきました。そのため「罪悪感を持っていらっしゃるのですね」とお尋ねしたところ、いつはご本人は気が付いてらっしゃらなかったのです。

罪悪感ってそういうものです。
いつの間にか自分を責めているのですが、そのことに気が付いていない。でも無意識のうちに、自分の罪悪感から逃げたくなったり、それを解消したくて、しなくてもいい行動をしてしまう。この方の場合は、奥様への高額なプレゼントですね。プレゼントが悪いわけではないですよ。でも高額でなくてもいいし、お金のかかったものでなくてもいい。

自分が罪悪感を持っているかどうかは、自分が居心地がいいかどうか、と言う視点を持てばわかります。
どうしても居心地が悪く感じ、心が痛み、そこから逃げ出したいような感情になったときには、罪悪感を持っている可能性が高いのです。

罪悪感なんてもつ必要ありません。幸せになるためには不必要な感情です。
罪悪感を持つ代わりに、その裏側にある、感謝できること、に気が付いて。

そして常に、感謝の気持ちを忘れないでほしいのです。

 

スピリチュアルメッセンジャーの沙耶美(さやみ)です。 幼いころから、私は高次のメッセージを受信しています。守護天使は誰にもいて、その人が幸せになるために見守っています。どのような悩みや問題でも、天使は幸せになる方法を知っていて、時には厳しく、時には優しいメッセージを送ってくれます。
SNSでフォローする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください