MANIFEST/マニフェスト

宇宙&守護天使からのメッセージ
Lars_Nissen_Photoart / Pixabay
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

私の趣味は、海外ドラマを見ることです。特に、アメリカのドラマは大好きで、寝る前に1本、必ず観ます。

昨日は、つい先日スーパードラマTVで始まった「マニフェスト MANIFEST」を見ました。
予告編を見ていてそのストーリーの面白さにひかれて見始めたのですが、昨日はそのストーリーの中にたくさんにメッセージが隠されていることに気が付き、もう次が楽しみで仕方がありません!!

マニフェスト MANIFEST旅行から帰るフライト、828便。
もう少しで到着というところで、乱気流に巻き込まれ、期待が激しく揺れる。乱気流が収まり、無事に到着すると、なんとそこは、5年半先の未来だった。
たった数時間のフライトだったはずが、5年半も先の未来に突然到着し、しかも乗客の一部には不思議なパワーが宿った。
828便にまつわる謎の解明と5年半の歳月を失った主人公を中心とした人間ドラマ。SFサスペンス・ヒューマンドラマ

このドラマの主人公の名前はミカエラ。そして彼女の仕事は警察官です。
はい、天使のことを理解している人はもうお気づきですね。「大天使ミカエル」を想像させるのです。

大天使ミカエルは、あらゆる守護と感情の浄化をつかさどる天使です。「神と同等のもの」とも言われています。天使の中では、おそらく一番有名でしょう。ミカエルは、警察官をはじめとする人の命を救ったり、守る職業の人たちの守護聖人です。

このドラマでは、飛行機の828便がカギなのですが、ドラマの随所に、828という数字がよく出てきます。
828はエンジェルナンバーでは「あなたの信念が愛する人々に豊かさをもたらします」というメッセージ。つまり、マニフェストでは、主人公のミカエラが警察官という職業の元、信念をもって謎を解明することで、愛する人々を救っていく物語なのだろう、と理解しました。

ドラマのストーリーや主人公の名前を、脚本家が決めるのかプロデューサーが決めるのかは知りませんが、このドラマのストーリーを決めた人たちは、天使について学び、理解があり、かつユーモアのセンスに優れている人たちなのだろうと思いました。観ていてそれに気が付いたときは、思わずニンマリしましたよ。

アメリカのドラマには、天使や悪魔をテーマにしたものが多いです。

例えば、「LUCIFER/ルシファー」。ルシファーは「光をもたらすもの」という意味を持つ堕天使・悪魔のこと。
このドラマでは、そんなルシファーが、地獄の主であることに飽きて人間界にやってくる。「天使を失った街」=ロサンジェルスを舞台に、もう一人の主人公の女性の刑事さんと一緒に事件を解決してゆくというストーリー。
悪魔なのに、ちょっぴりお茶目でちょっぴりわがまま。でもイケメンなので、何でも許せちゃう気がするキャラクターです。

弟にウリエルが登場したり、妹にレミエルが出てきます。

少々おかしな点も感じつつ、アメリカの社会の中で天使の存在は身近なのかな、、、と思わせてくれる、ユーモアあふれる作品です。

 

天使のことを学んでいくと、思いがけないところで、天使たちに出会うものです。
それは、実は自分の守護天使たちのメッセージであることがほとんどで、天使たちはきっとユーモアを交えながら、私たちにその存在を伝えようとしているのだと思います。

日々の生活の中に、耳を澄ましてみると、天使からのメッセージが聞こえたり、じっくり観察してみると天使たちの姿が見えることもあります。それはこうしたドラマやテレビ番組や街中の看板などかもしれませんが、そこには必ず意味があります。

天使は意味のないことなどしません。
すべての出来事には、必ず意味がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました