21の法則 第1シーズンから第6シーズンまで

引き寄せトレーニング/幸せになる生き方
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

私が引き寄せの法則を学び始めたころ、私の守護天使たちからのメッセージによって日記を書き始めたときのことを、先日書きました。

21ルールで、1つずつ幸せになる!

 

自分を変えようと思い始めて、21日ごとに大きな変化がやってきます。これを私は、「21の法則」と呼んでいます。
21日を”1シーズン”ととらえると、1シーズンごとに違ったテーマが自然とやってくるので、それをクリアしてゆけば、1つずつ幸せへと導かれてゆくことになります。

宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが、自分の現実にやってくる」ので、常にハッピーでいい気分でいることを心がけてゆく。
それが基本で、全体を通じて共通です。

いくら自分を変えようと思っても、心がハッピーでない状態で、知識だけ植え付けても何も変わりません。大事なのは心の状態なので、まずは、常にハッピーな状態でいることが基本であることは付け加えておきます。

そして、多くの方のカウンセリングをした結果、第1シーズンから第6シーズンまでは、多くの人が同じ変化を遂げることもわかってきました。

今回は、第1シーズンから第6シーズンまで、どのような変化を遂げていくのかをお伝えしようと思います。
※1シーズンは21日間です。

 

第1シーズン

多くの場合、現実に悩みや不満や不安があって引き寄せの法則を学び始めます。人生の問題の多くは、1つではありません。仕事やお金、恋、人間関係など、多くの問題が複雑に絡み合っています。

そのため、最初は、ただハッピーでいようとすることに力を注ぐべきです。ほかに深く考えて、あれもこれもと悩みを一度にすべて解決しようとすると、混乱を起こし、うまくゆきませんし、長続きしません。引き寄せの法則を学び、完全なる引き寄せ体質になるためには、モチベーションの維持が大切になってきます。

まずは心をハッピーに置く。好きなお菓子を食べたり、好きな映画を見る。そんなことだけで心はハッピーを感じられます。好きなことをして心を存分に楽しませてあげればいいのです。理由などなくていいから、自分にたくさんご褒美をあげてください。

そうしていくうちに、自然と自分の中にいくつかのテーマがあって、何からやってゆかなくてはならないのかが見えてきたり、あるいはその問題だけがクローズアップされるような出来事が出てきます。一番最後に残るのは、一番時間のかかる大きな問題です。そしてそれは大概、豊かさにかかわること。なぜならお金は感情の結果だからです。お金の勘定は心の感情に等しく、お金は感情の積み重ねの結果ですから、多くは一番時間のかかる問題です。

まず、第1シーズンは、心をハッピーに置くことで、複雑に絡み合った問題を解きほぐすための時間です。そして第2シーズンに向けて、どこから解決してゆけばいいのかを理解するための時間。

何か分析などはしなくていいです。何もしなくとも、自然とわかりますから。

第2シーズン

第2シーズンから、いよいよ本格的に、引き寄せトレーニングがスタートします。第1シーズンで21日間かけて、心を整えてゆきました。やることの基本は変わりません。心をハッピーに置くだけです。

第2シーズンに入ると、次第に自分の本音に気が付いてゆきます。心をハッピーに置いたことによって、潜在意識に少しずつアプローチができるようになってゆくからです。自分が本当はこれがやりたかったんだ。自分は本当はこういう気持ちだったんだ。そういえば子供の頃、こんなことがやりたかったな。

そんな気づきがたくさん出てくるので、それが浮かぶたびにメモしたり、日記に書いてください。すぐにいろいろなことは決めないでください。まだまだたくさんの本音が第3シーズン以降、出てくるので、今は人生の何かを決める時ではありません。第2シーズンは、そうやって自分の本音が湧き出してくるのを否定せずに受け止めることが必要です。これは大事なトレーニングの一環。社会常識だとか、今まで生きてきて身に着けた固定概念などは一切取っ払って、ただ自分の本音に気が付くことです。

宇宙は、宇宙の法則上NGとされていること以外は、現実としてもたらしてくれます。だからとことん自分の本当の気持ち、本音に気が付くことが大事なのです。本音は、顕在意識には存在しません。潜在意識にあります。だからそこから湧き出てくるものを止めないことで、本来の自分に気が付くわけです。

ただ潜在意識はものすごく深く、自分が気が付いていない奥の奥まで存在しますから、第2シーズンだとまだ本当の心の奥底にまではたどり着いていません。だから、第2シーズンでは、湧き出すものを止めずにただ書き留めるだけにして、人生の先を決める必要はないのです。

 

第3シーズン

第3シーズンに入るころから、今まで自分が否定し続けてきたことに、肯定の感情が生まれることが多々あります。なぜならその否定が自分を肯定していなかったことによる否定であることが多いからです。第3シーズンは、自分を愛すること、あるいは自分の価値を高く置くことができるようになってゆきます。自己否定から、自己肯定に心がシフトしてゆきます。

自分を愛するようになると、意中の人から愛されたり、全然想像もしていなかったところから、素敵な人が現れたりします。突然素晴らしい出会いがあったり、あるいは大きな仕事のチャンスが舞い込んできたりします。

自分を愛することが素晴らしいことであることに気が付くと、自然と涙がこぼれ、自然と親に感謝ができるようになります。自己肯定感の低い人ほど、感謝の気持ちが薄いのですね。本当は認めてほしい、本当は愛してほしい。そういう気持ちが強いからです。

自分のことをどんどん愛しましょう。自画自賛万歳です。自画自賛ほど素晴らしいものはありません。自画自賛すればするほど、宇宙に「私は自分を愛しています」って伝えていることになるので、愛される現実がやってきます。

このシーズンでは、自分を肯定するための時間となるのです。

第4シーズン

第4シーズンにもなると、引き寄せトレーニングを始めて84日目を目指して進んでいることになります。63日間頑張っては来たものの、第4シーズンになると、好転反応が来やすい時です。

今まで順調だった心の面。ハッピーに置くことがそれほど難しくなかったのが、目の前にどんどん課題がやってきて、急にネガティブに落ち込んだり、あるいは心が元の自分に戻ろうとする反応が起きます。

こうなったら、「あと一息!」って思えばいいのですが、多くの場合「やっぱダメじゃん!」とあきらめが入ってしまうのがこの時期です。

絶対にあきらめないでください。63日間頑張って、そのあとの21日間ぐらい、大したことはありません。好転反応ですから、ジャンプする前に一度沈み込むようなもの。

好転反応!と思って、ネガティブな感情を否定しないことです。
ただし、ネガティブな感情をそのまま放置すると元に戻ったのと同じになるので、ネガティブな感情が湧いてきたら「あ、好転反応!」と思って、その時は心の状態に反発して必死になりすぎないこと。寝てしまうとか、テレビや映画を見たり、お笑い動画を見たりして、一瞬でもネガティブなことが忘れられるように過ごしてみてください。人間の集中力は、そんなに長い時間続きません。ほかのことに意識をそらしてしまえば、ネガティブの感情はほとんどの場合消えてゆきます。

潜在意識の奥のほうにある、自分でも理解しきれていないネガティブな面が湧き上がってくるのが、引き寄せトレーニング中の好転反応なので、その感情の原因とか理由を考えても、答えは出てきません。だったら忘れて切り替えてしまうのが一番!第4シーズンが落ち着くころ、この湧き上がってきたネガティブな感情の意味は、ちゃんと理解できます。

 

第5シーズン

さて、第5シーズンの21日間は非常に重要です。85日目から105日目までは、宇宙とのつながりを少しずつ感じられるようになる時です。まだまだ不安定な状態なので、繋がったり途切れたり。wifiがうまくつながるときとそうでないときが、昔はありましたよね。今は繋がるのが当たり前ですが、ひと昔前は、そうではなかった。つまり、wifiが生まれた初期段階なのだと思ってください。宇宙とのつながりがうまくいく時と、うまくいかないときがある。そういうものなんです。

このころから、願ったことは、多少時間がかかってもかなうことに気が付き始めます。はじめは72時間とか9日間とか時間がかかりますが、自分なりのいろいろな気づきを経て、105日目を迎えるころには、多くのことは24時間から48時間以内に叶うようになります。

これは、ネガティブなこともポジティブなことも同じです。心で強く思った本音は、宇宙が必ずリクエストとして受けますので、たいていの場合48時間以内には叶うようになります。

少しハードルの高い望みでも、21日間あれば、引き寄せられるようになってゆきます。
第5シーズンは、本当に宇宙の存在ってあるんだ!っていうことに改めて気が付いて、宇宙とつながっているという感覚を持つことができるシーズンとなります。わくわくですね!

第6シーズン

いよいよ第6シーズンです。このシーズンは、次のステップへ大きく飛躍するための準備期間としてのステップです。本当にやりたいこと、本当に心が望んでいることが、確実に固まってゆきます。

第2シーズン以降、心に湧いてくるいろいろな本音をメモしたり、書き留めたり、心に刻んだりしている間にも、少しずつ本当にやりたいこと、本当に心が望んでいることを理解し始めているはずですが、この第6シーズンで1つの大きな結論が出るときです。

「これだ!」という直感、インスピレーションがあり、目の前にもチャンスがたくさんやってくるようになります。

すでに第5シーズンで宇宙につながっている感覚を掴めるようになっているので、第6シーズンで大きな決断ができれば、あとは明確に宇宙にリクエストするだけです。

慣れていない間は、ノートに書いて、きちんと心に刻んでいくのがいいですね。書くと言葉が明確になってゆきますしね。

 

ざっくりと、第1シーズンから第6シーズンまでの流れを書きました。ここまで126日間です。
長く思えると思いますが、たった4か月。

今までの人生の長さから比べたら、4か月はあっという間ですよね。

つまり4か月で人生が大きく変わってゆくということです。第7シーズン以降は、ご自分の本音に反応して道ができてゆきますし、現実がやってきますので、人それぞれ、流れや形が変わってゆきます。

そしてもうひとつ、第4シーズンぐらいから、周囲が変わってゆきます。仕事の環境が変わったり、あるいは異動があったり。時には引っ越しをしなくてはならない状況になったり。恋人の接し方が変わったり、突然プロポーズされる人もいます。

変化は目に見えて急激ではありませんが、本当に少しずつ、1ミリずつ変わってゆきます。やらなければ何も変わりません。でも、心をハッピーにする、それだけで、126日間という時間をかけて、少しずつ少しずつ良き方向へ、自分が望んだ方向へと変化してゆくのです。

 

次回からは、それぞれのシーズンをテーマに分けて、もう少し細かく説明してゆきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました