望みをかなえる未来日記・未来手帳

引き寄せトレーニング/幸せになる生き方
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

私のプロフィールを見ていただくとわかりますが、私は長年、既婚者の男性とのお付き合いがあり、数年前に彼は離婚が成立し、昨年、私たちは正式に夫婦となりました。

最初の1年ほどは、私の親にも彼とのお付き合いは隠している状況でした。
ただ、母親ですから、一緒に暮らしていれば娘のことなどまるわかりです。特に母は私以上の霊感があり、怖ろしいほど気が付きます。

言葉として、伝えなくても、わかってしまうのは理解していましたが、それでもやはり相手が既婚者というのは、言いにくいものです。

ただ私の母は、霊感が強いこともあって、「縁」ということを重要視しています。
1年間、時折私の様子を見ながら「相手が既婚者であっても、子供がいようと、あなたを大事にしてくれる人ならいいから、素敵な人を見つけなさい」と言っていました。

あるとき、彼のほうから「君はいつも「近い将来に親に話す」と言っているけれど、いつ話すの?」と聞かれました。彼は、私が彼を愛していることは理解していましたが、私の行動が、彼を本当に愛しているという覚悟があるようには感じられなかったようなのです。

彼は、彼の友人たちを何人も紹介してくれていました。
私は、友人も親も紹介していませんでした。

常に本当に愛されているのか心配だったのは、私ではなく彼のほうだったのです。

彼が来日した時、突然「お母さんに会ってもいいよ」と言い出しました。
私は「あなたのシチュエーションがわかってるの?」と言いましたが、「わかってる、大丈夫だから」と。

それでその時初めて、私は母に「知ってるとは思うけど、、、」と真実を伝えました。母は「わかってたよ~やっと言ったね~」とむしろ喜んでくれました。

その日以来、彼は愛情表現がより豊かになり、なぜだか心がつながっているのを感じられるようになったのです。

 

おススメしたい!未来日記

ちょうどこのことがある1か月ほど前。
年末だったこともあって、新しい手帳を買いました。手帳を買った日から、通常の予定とともに、未来日記を書きこむようにしました。

叶えたい望みの結果を【かなった気持ちで(すでに起こったように)】書くのが、未来日記です。

大体のスケジュールでいいので、あなたの望みを叶えたいスケジュールで、「叶ったこと」として日記を書きます。その時に大事なのは、ちゃんと感情を書くことです。その望みを叶えたら、どんな感情になるのかを想像して、ただうれしいとかハッピーではなく、できるだけ細かく感情を書いていくこと。

私はこの未来日記に、1か月後に「彼から正式にプロポーズされる(将来の約束)」ということを書きました。彼は当時まだ離婚が成立していなかったので、「難しい」ことは承知していましたが、こう書いたのです。

そして、1か月後、彼は母に会って挨拶していました。
プロポーズではなかったのですが、覚悟を示してくれたのです。

また、今から考えると、私が本当に望んでいたのは、プロポーズではなく「親に彼のことを認めてもらうこと」だったんですね。プロポーズと書きながら、本心は認めてもらうことだったのです。

宇宙はちゃんと願いを叶えてくれました。
実はほかにもいくつもあります。自分が「これが欲しいなぁ」と思って未来手帳に書くと、時期は多少ずれても、ほとんど叶います。ただし、本当に望んでいることだけ。そして本当に望んでいて、ちゃんとそれがかなった時の感情を感じられることが条件です。

自分が望みがかなった時の感情をリアルに感じられると叶うのです。
なぜなら、宇宙の原則は「自分の心の状態に等しいことが現実に起こる」からです。

 

未来手帳は自分の本当の望みに気が付ける

自分の本当の望みって、意外と気が付いていないことが多いのです。
心の中が「本当の本当に望んでいること」は、自分が言葉で理解していることとは違うことが多いのです。

私のように、プロポーズされたい、と思っていても、本心は「親に認められたい」だったり。
お金持ちになりたいの本心は、「自由になりたい」という気持ちだったり。

自分が本心だと思っていることのもっと奥のほうに、本当の本心があるのです。

未来日記は、最初のうち「思ったように叶わない」と感じるかもしれません。そういう時は、その未来日記の書き方が間違っているか、あなたの本心に気が付いていないかのどちらかです。

未来手帳、未来日記を書けば、自分の本心にちゃんと気が付くことができるようになります。

なかなか望みが叶わないという時は、心をハッピーにしたうえで未来手帳・未来日記を書いてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました