自分を愛するということをもう一度考えてみましょう

引き寄せトレーニング/幸せになる生き方
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

日ごろから、ブログでもカウンセリングでも、自分を愛するということがとても大事だとお伝えしています。

とはいえ、自分を愛するということは、そんなに簡単なことでもありません。言葉にすればとても簡単ですが、実のところ、ものすごく奥が深いテーマだと考えています。

ので、心をハッピーに、楽しい気持ち、いい気分にするための努力はとても大事です。ハッピーにしていればハッピーな現実はやってくるからです。

ただ、私たちは人間です。年がら年中、365日24時間、ハッピーでいるなんてなかなか難しいことです。そういう方がいらしたら、もう神様級のポジティブさで、何でも乗り越えてゆけるかもしれませんね。でも人間はそういうわけにはいかないんですよね。落ち込む日もあるし、誰かの言葉で傷ついてしまうこともある。

一所懸命頑張ってるのに、認めてもらえない、、、って嘆きたくなる時もあります。

自分を愛せない人は、日本人にはとても多いと言われています。謙虚であることが素晴らしいとされる文化だし、親からも「自信過剰はいけません」などと教えられるから、どこかで自分を愛せなくなっていくんですね。

また日本は、褒める文化ではないので、褒めるときはとても下手です。うわべだけってわかってしまうような褒め方をする人までいるぐらい。褒めてもらったのを受け取るのも下手です。ですから、なかなか環境的に、100%自分を手放しで愛せる人って多くはないんですよね。

でもね、自分を愛せないと、「失うことが怖くなる」んです。
例えば恋をして、お付き合いをして、愛されているのは十分わかっているのに、いつも何か不安。とか。
ちょっと相手がいつもと違う態度をしただけで、「愛されていないのかも」と感じたり。

それは失うことの恐怖から生まれている感情。自分を愛せていないから、その分を相手に求めてしまうからなんですね。

自分を愛せていないと、「私は何をやってもダメ」という気持ちも生まれやすくなります。
自分を愛せていない人ほど、理想が高いのです。そこへ到達しなければ、だめな人間、と勝手に思い込んでいることが多いのです。でも理想が高いから、なかなかそこへたどり着くのは難しい。だからどんどん、「何をやってもダメ」ってなっていくんです。

じゃぁ、どうやったら、自分を愛せるようになるのか。

これは、私にとっても難しいテーマでした。私は自分嫌い人間でしたからね。本当に格闘しましたよ。

いろいろ考え、試してみて、方法はたった1つだと気が付いたんです。
それは、ネガティブな自分を一度全部吐き出して、それも自分と認めること。でした。

ノートなどに、自分の嫌いなところとか、だめだと思うところとか、そういうの全部書き出してみるんです。これ、とっても勇気がいることなのですが、やってみると意外と爽快になります。

そういう、ネガティブな自分も全部自分です。
そしてその裏側のポジティブな面を考える。

「自分がやらなくちゃいけないと思いすぎる」「責任感が強い」

「隅から隅まで掃除しないと気が済まない」「きれい好き」

「頭の中の整理が苦手」「興味の範囲が広くてアクティブ」

などと、色々変換してみてください。ポジティブにね。無理やりでもいいです。

ネガティブもポジティブも表裏一体であることに気が付いて、1日1つでいいから、そのネガティブを受容していく。それが大事です。

自分を愛せない人の特徴として、「誰かに認めてもらいたい」という気持ちが強い方も多いです。

努力して頑張っていることを、家族とか恋人に認めてもらいたい。認めてもらえないと愛されている気がしない。そういう風になりがちです。

バランスと同質の法則が働くので、自分が自分を認めていないと、周囲の人は認めてくれないんですね。でも、自分が自分を認めるまでに時間はかかります。

そういう時は、バランスの法則を逆利用する。人のいいところだけを見て、それを言葉にして伝えて、認めて褒めるんです。それは少し続けていくと、周囲からも同じように接してもらえるようになっていきます。

こうやって、小さな工夫を重ねながら、日々自分を1つずつ受け入れていく作業を繰り返してゆきます。時にはストレスが溜まって、泣きたくなるようなときがありますが、そういう時は思いっきり泣いていいのです。布団の中とかで、騒いでもいいし。そういう時間も自分を許して愛してあげるための作業です。

泣きたいときに「泣いちゃいけない」って我慢すると、自分をいじめているのと一緒ですからね。泣きたいときは泣いてしまえばいいのです。

つまりね、自分のことを愛するって、ありのままの自分でいることでOKって認めてあげることなんですね。ただし、感情はできるだけポジティブに。人を非難したり、責任転嫁すれば、必ず自分に戻ってきます。

色んな感情を抱く自分もOKとすれば、実は他人を非難することも、責めることもなくなります。

自画自賛!大賛成!

です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました