お金に声をかけて、帰ってきてもらいましょう!

引き寄せトレーニング/幸せになる生き方
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

お金は、昔から御足といって、入ってもすぐに出て行ってしまうというイメージがありますよね。まるで、お金に足が生えているかのように。でもお金って、出ていくばかりではなくて、ちゃんと入っても来るんですよね。実は人生でお金が入るのと出ていく分量は等しいとも言われているんです。

では、お金が出ていくぶん、ちゃんと戻ってきてもらうためには、どうしたらよいのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

お金は結果

お金は、それ自体に実は意味がありません。本来はお金は数字で、お札やコインはその数字を目に見える形にしただけなんですね。そしてお金は、何かとの交換するためのもの。

つまり、お札やコインという形でお金を失っても、モノとか食べ物とか、あるいは受けたサービスとかがあるわけですね。

収入も同じ。自分が働いた分だけの対価です。つまり働く、労働という体を動かしたり、知恵を出したりした対価として収入を得るわけですね。

言い換えれば、働くこともお金だし、得たモノやサービスもお金ですね。

つまりお金は、感謝と愛の結果なんです。働いてくれてありがとう!が収入。素敵なものを入手させてもらってありがとう!が買い物(支出)です。

出ていくお金にも感謝する

当然のことながら、お金を出すということは何かの対価です。電気代なのか、食費なのかはわかりませんが、何かの対価です。お金を出すということは得られたものがあるということなので、感謝する必要がありますね。

どうしてもお金が「出ていく」ということに視点がいってしまうと、得られたものに喜びが感じられなくなります。得られたものに心からの喜びと感謝を感じられないで、お金を出していることを無駄遣いと言います。

お金を出すことに心が嫌がっているのに、結局は無駄遣いしていることになるんですね。それはもったいないですよね。お金を出した代わりに得られたものに対して目を向けて、感謝すると、それは無駄遣いではなくなります。得たものがちゃんと、自分の生活の中で生かされていくことになるのですね。

お金に声をかけましょう

お金には、出した分、いやそれ以上のパートナーを連れて戻ってきてほしいと思いませんか?1000円君が、自分と同じパートナー君を連れて2000円になって戻ってきてくれたら、いいですよね。

お財布から1000円君が出ていく時、笑顔で「いってらっしゃい」と見送ってあげましょう。(もちろん、心の中でいいですよ)
「いってらっしゃい。かわいいパートナーを連れて帰ってきてね」と伝えて、お財布からお金を出して支払いをしてください。

実際に収入があったとき、銀行の口座を見て、あるいは受け取った現金を見て、「おかえり!」と言ってあげて下さい。心の中でちゃんとお金に向かって言うんです。

最初は馬鹿みたいに感じるかもしれませんが、この行動は、自分がちゃんとお金という存在を心の中で大事にするための訓練のひとつ。感謝の心って、意外と心の奥底から湧きだすのは難しいです。そんなに簡単に心からの感謝の気持ちを上手に出せる人は、おおくありません。感謝していても、表現が下手なこともありますしね。

だから、訓練が必要。同じ訓練をするならば、楽しいほうがいいでしょ。お金君にちゃんと声をかけてあげる。わが子を学校へ見送るときのような気持ちで、行ってらっしゃい!って声を掛けたら、数日後にちゃんとパートナーちゃんを連れて戻ってきてくれます。

これ、意外と笑っちゃうぐらい効果あるので、やってみてください。

お金は自分の心のエネルギーに等しい

お金の存在は、自分の心のエネルギーと同質です。たくさんのお金が、有り余るほど入ってきてほしい!って誰もが思いますよね。お金嫌いな人っていないと思うもの。

いま、入ってきているお金(金額)が、あなたの心の容量です。もっとお金が欲しい!もっと豊かになりたい!と思うのであれば、心の大きさを広くしなくてはいけませんね。

心の大きさは、日常でどれだけ幸せを感じているか、ハッピーを感じて楽しい気持ちで過ごしているのか、感謝の気持ちで過ごしているのかということで決まります。ハッピーとわくわくと感謝の気持ちが大きければ大きいほど、心の大きさが大きくなる。逆に怒りとか不満、愚痴で満たされている人は、心の大きさが小さくなるんですね。

たくさんのお金が欲しい、有り余るほど入ってきてほしいと思うならば、心の中をハッピーと感謝と楽しいわくわくとした気持ちで満たされていくことが必要です。

人に心からの気持ちで奢ったり、プレゼントしたり、接待する人がお金持ちになりやすいのは、この心の容量によるのです。心の容量がないのに、それだけやっても、意味はありません。人に喜んでもらうことが自分の喜び、ハッピー!として言う気持ちでいるのです。そして、自分がお金を出したのであっても、お相手に対して「楽しい時間に付き合ってくれてありがとう!」という感謝の気持ちで過ごしているのです。だから、その人には、お金がパートナーを連れて戻ってきてくれるんです。

「人に奢れば、自分に戻ってくるんですよね」という質問を時折いただきますが、これは間違っています。心からの喜びの気持ちでお金を出したのかどうか、ということが大事なのです。その行為自体に意味があるわけではないんですね。

心の容量を大きくするには・・・

心の容量を大きくしなければ、有り余るような収入を得ることは難しいです。どうすれば容量を大きくできるか。それは常に目の前の小さな出来事に、幸せを感じ感謝してゆけばいいのです。その積み重ねで、次第に心の容量は大きくなってゆきます。毎日、小さな幸せを探してください。おいしいイチゴを食べた!ハッピー!!!とか。今日は昨日より暖かい、幸せ!とか。どんなことでも、幸せを感じられるんです。ハッピーを感じられる。その積み重ねは、必ず心の容量が大きくなることにつながり、たくさんのハッピーやラッキーやチャンスが入ってきて、結果として、大きな収入につながってゆきます。

心の容量を大きくすることは、丁寧に生きることにもつながってゆきます。丁寧に生きると、本来の自分を取り戻すことができて、望んだ幸せを手に入れやすいのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました