不倫が是か非か

恋愛・結婚
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

不倫、婚外恋愛のご相談はとても多いです。
時折、「不倫は是か非か」というお尋ねをいただきます。
これ、とっても難しい問題です。

本日は「不倫」という難しい問題に向き合ってみます。賛否両論あると思いますが、このテーマはスピリチュアルを仕事にしている限り、向き合う必要があることだと思っています。今回限りにせず、何度も向き合ってみたいと思います。

法律の視点から言えば×です。「不貞行為」ですから、法的に離婚理由になります。
現実はここで判断されると思います。

ただ、スピリチュアルの上で考えると、実は是も非もないというのが答えなのです。
誤解していただきたくないのは、不倫を肯定しているわけではないということ。
傷つく人がいるということは、自分が幸せになる要素をひとつ減らしていることになりますからね。

しかし、運命的にどうしても結ばれる、あるいは互いに成長するうえで必要な相手が、実際に婚姻しているパートナー以外にいることがあるのが、スピリチュアルの世界の不思議なところです。

例えば、20年も前に知り合った人が、実は運命的なお相手で、互いを成長させ、安らぎを与え合い、癒しの存在である場合もあります。
そうすると、心が疲れ切ったとき、人生の次の節目に差し掛かった時に再会する可能性もあるのです。

そういうお相手は、人生相談をしやすかったり、何も話さなくても互いに分かり合えたり、あるいは「どうしてるかな」と思っただけで、相手から連絡が来たり。
そういう絆を感じられます。

結婚しているパートナーがお互いを成長させる運命的なお相手であれば、それは素晴らしい理想的なことです。
でもそうでないことが多々あります。

そうなると、互いの運命的なお相手に出会ってしまった場合、不倫、婚外恋愛に発展してしまう可能性がないとは言えないのです。

不倫が是か非かと現実的な問いかけをされれば、NGです。傷つく人が多いですから。
でも、そこには様々な事情とスピリチュアル的な結びつきもあるとするならば、一概に「絶対ダメです」とは言えないこともあるのです。

これは答えの出せない問題。

大事なことは、人を好きになるというその気持ちは善も悪もないということ。
だからと言って、不倫を肯定するものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました