語源を知って幸せになる!”諦めること”は実は素晴らしいこと!

人生
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

物事を思考するとき、当たり前のように使っている言葉が心に引っかかって、大きな決断ができないことがあります。

例えば「諦める」っていう言葉。
私は好きな言葉なんです。

スポンサーリンク

「諦める」の語源

「諦める」とは、一般的には願望や夢や目標を達成できず、途中で投げ出すというようなイメージで思われていることが多いのですけれどね。

語源を考えるともっと深いのです。

「諦観(たいかん)」「諦聴(ていちょう)」という言葉がありますが、これは、物事の本質をみることを言います。

そこには、諦めるという字が使われており、諦という字自体が、物事の本質を明らかにすることを意味します。

つまり「諦める」とは、物事の道理や真実を見極めて、自分の願望が達成されない場合には、自分の道を方向転換する決断をするということをいい、決してネガティブな意味で、断念するということではないのです。

「諦める」はどうとらえたらいいの?

人生は、いろいろな道があります。
1つに決めた目標が変わることは、後退でもないし、断念したわけでもありません。

「諦める」とは、大変にポジティブな意味で、自分の中の真実や適性を見極めて、方向転換をすること、だと思っています。

新しい道へ歩き出すということは、自分の中の1つの真実にたどり着いたことです。

新しい道を歩き出す時に、「夢を諦めてしまった」など、ネガティブな思いに浸らず、自分の真実にたどり着いたことに、喜びを感じてくださいね。

語源を知って、本来の言葉の意味を知れば、ネガティブな言葉もポジティブになるのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました