人生万事因己 じんせいばんじ おのれがもと

人生万事因己 人生
人生万事因己
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

人生万事因己(じんせいばんじ おのれがもと)

私が大事にしている言葉です。
自分の人生の起こることは全て自分に原因があるということ。

たとえ、どんなに自分のせいでないと思っても、自分の人生上に起こることは、すべて自分に因があります。自分の内側で創造したこと、考えたこと、感じてきたこと。それが外側に投影される。それが宇宙の法則です。

すべての因は己にある!つまり、自分の心の状態に等しいことが現実に起こるということを具体的に解説してみます。
スポンサーリンク

人間の世界は、感情の世界

人間の世界は、感情の世界です。
感情や思考にはエネルギーがあり、何か思うたびにエネルギーが飛び交っています。目に見えず、カラダに感じるものではありません。

宇宙の法則上、「心の状態に等しいことが現実に起こり」ます。

これは絶対的であり、不変の法則です。

例えば、小さなころからお金は「使ってはいけない」と育つと、お金を使うことに不快感を覚えたり、お金を使うごとに苛立ちを覚えるので、どんどんお金が入ってこない現実がやってくるようになります。

あなたが毎日をつまらない、と感じていると、どんどんつまらないと感じる現実しかやってきません。恋人ができないと思い続けていると、恋人ができない現実しかやってこないのです。

感情は、自分に病をもたらすこともあります。長い間使ってきた感情が、カラダを傷めるのです。長い間という期間は、1~2年の話ではありません、10年20年の世界です。感情は自分の性格に等しいので、同じ出来事を目の前にしても、人によって感じ方が変わるのです。

どのようなネガティブに思える事柄でも、ポジティブに前向きに、時にはチャンスと思える人もいれば、悲しみや苦しみを感じることや、人を責めることしかできない人もいます。それは性格とつながっています。

10年、20年と使ってきた心の癖、感情の使い方の癖、長い間使ってきた感情は、カラダを傷めることもありますし事情も作ります。

喜びや感謝、幸せなどのポジティブな感情は、人を元気にし、プラスの出来事を呼びます。

反対に、悲しみや苦しみ、嫉妬、自己中心的な思考などのネガティブな感情を長く使えば、カラダを傷めることもあれば、マイナスの事態を現実に呼び、引き寄せます。

自分の感情には、どのような感情であってもエネルギーがあるのですが、それは外側に向かっていくのではなく、自分に向かっていくエネルギーなのです。

本気で幸せになりたいと思ったら、やるべきこと

もし、本気で幸せになりたい!お金に困らないようになりたい!と考えるのであれば、まずできることは、自分の感情の使い方の見直しをすることです。自分が使ったネガティブな感情は、人を傷つけるだけでなく、自分自身も傷つけます。

怖いのは、自分が使ったネガティブな感情が、翌日すぐに結果になるのではないということ。3日後かもしれないし、3週間後かもしれない。3年後かもしれないし、9年後かもしれない。宇宙は3が尊い数字なので、3の倍数で物事はやってきますが、ポジティブな感情を使った結果も3の倍数でやってくるし、ネガティブな感情もその結果は3の倍数でやってきます。忘れたころにやってくる、ということです。

常に心の中をハッピーにできるように努力が必要です。努力なくして幸せにはなれませんが、その努力はトレーニングジムのように汗をかくものではないし、必死になってやらなくてはいけないものではありません。

しかし、お金を使って遊びまくるということでもありません。

日常生活の中で、今できる範囲のハッピー探しをすること。例えば・・・

  • 朝起きてお天気が良かったら、ハッピー
  • 今日はゆっくり寝ていられる朝、ハッピー
  • その日に着るお洋服は、「何を着たらハッピーに感じるかな」と思いながら選ぶ

などというように、日常生活の中で、「楽しいこと」を取り入れていく、あるいは選択していくのです。

そうしてゆくと、次第に心がハッピーである状態が当たり前になってきたり、ハッピーを感じないと不安定になったりします。そうなっていったら、壮大な宇宙とつながり始めた証拠。
心がハッピーになって、壮大な宇宙とつながっていくと、自分の現実はやがてハッピーに満たされたものになってゆくのです。

人は感情の使い方には癖があります。これは性格に違いがあるように、あるいは、爪を噛む、鼻をこする、という癖があるように、心のあり方、使い方にも癖があるのです。カッとしやすい人、のんきな人、イライラしやすい人、何事にも感謝ができる人。
ポジティブな感情を使いやすい人は得です。反対にネガティブな感情を使いやすい癖がある人は、努力が必要です。

自分の感情の使い方を知れば、ハッピーな心の状態を作り続けることも難しくなくなります。その自分の感情の使い方やその癖を知って、できるだけ日々、ポジティブな感情を使うように心がけたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました