21日間であなたの人生を変える!引き寄せトレーニング

引き寄せトレーニング/幸せになる生き方
JillWellington / Pixabay
スポンサーリンク

守護天使を愛する皆さん!こんにちは。
あなたの守護天使からのメッセージを聴く、スピリチュアルメッセンジャー・ヒーラーの沙耶美(@sayamiuranai)です。

皆さんと一緒に、引き寄せ&宇宙の法則を知るトレーニングをしたいと思います。

このトレーニングは、私がこのお仕事に就く前に、実際に私がやってきたことです。当時日記をつけていて、その記録が残っていたので、そこから21日間のトレーニングを作りました。

今回はその一部をご紹介します。

引き寄せの法則は、今日やって明日変化が起こるものではありません。日々の積み重ねで、とても地味な作業です。
自分の心といかに向き合うことができるか、ということが大きなテーマです。

物事は3の倍数で変化します。3日坊主とよく言いますが、何かトレーニングや新しいことを始めると、たいてい3日目に挫折しそうな出来事が起こります。それでも、そこを乗り越えると、次は9日目、その次は2週目とだんだんと体が慣れてゆきます。
引き寄せの法則も同じです。引き寄せの法則は魔法ではありません。ある意味、スポーツやトレーニングジムと同じかなと思います。

スポンサーリンク

スポーツジムへ入会したとしましょう。
そうすると初日、2日目ぐらいは、張り切ってやるけれど、3日目に「ちょっと今日はさぼりたいな~、筋肉痛もひどいし。」という気持ちになったりします。それを乗り越えると、5日目か6日目ぐらいに体か少し楽になるのを感じます。
だから、少しだけ負荷を増やすと9日目にまた「さぼりたいな~~」って思い始めます。それをまた乗り越えると、2週目の声をきくころになって、体がジムへ行くのが当たり前、になり始めます。21日目になると、しっかりとした筋肉が付き始めているのを感じることでしょう。

引き寄せは、スポーツジムへ通うのと同じだと思ってください。
ただ違うのは、起きている間中、心のトレーニングをするという点。筋肉トレーニングやストレッチなどは必要ないけれども、ジムに行っている間だけでなく、起きている間中トレーニングをする必要があるという点です。

ちょっと大変に聞こえるかもしれませんが、最初の3日を乗り越えてしまえば、あとは自分と向き合うだけ。21日間、心のデトックスをすると思えばいいのです。

21日後のすがすがしい心の変化を、ぜひ体験してください。
このトレーニングはこのブログにすべて記載します。いつから始めても、いつやめても、それはあなたの自由です。
21日間継続して、やり遂げた方だけが、「引き寄せってこれなんだ!」「宇宙につながるってこれなんだ!」と理解できるのです。

21日後の解放感やすがすがしさは、言葉では表せません。
体が宇宙とつながった瞬間を感じさせてくれます。すべてはっきりと理解できるようになります。そして、そのまままた継続してゆけば、あなたの人生は、自分が描く理想の空を操縦できるようになるのです。

スポンサーリンク

それでは、さっそく第1回目のトレーニングです。

日記を書き始める

ノートでも、携帯メモでも、evernoteでも、何でもいいです。形態やスタイルは何でもいいので、とにかく日記を書いてください。
ここで大事なのは、自分の素直な感情をすべて書き出すこと。

◎本当に引き寄せなんてあるのかな?
◎本当に21日間できるかな?
◎自分に自信がないけれども、自信が持てるようになるの?
◎今お金ないけど、21日間で本当にお金が手に入る?

何でもいいです。
最初は、ネガティブなことでも感謝でもポジティブでも、何でも書きだすことから始めてください。

書き出したら、ネガティブな項目は赤丸をつけてください。(PCや携帯なら赤字にしてもいいです)
感謝の気持ちは二重丸をつけましょう
ポジティブな感情だったら、ハートマークを付けてください。

終わりましたか?
さて、書きあがったノートを見て、自分の感情の中でどれが一番、多かったでしょうか?
感謝の気持ちが多い方は、もう引き寄せは簡単にできるし、すでにできているはずなんです。ポジティブな感情が多い方は、ちょっと工夫をすれば、すぐに引き寄せが働きます。

ただ、はじめはほとんどの方がネガティブな感情が多いはずなんですね。
ネガティブな感情が一番多かったら、そこをまずは見直す必要があります。感謝の気持ちやポジティブな感情が多かった方も、ネガティブな感情があったら、そこが引き寄せで抵抗となっている部分。

まずは自分の感情の使い方をチェックすることが最初の課題。
時間のある限り、徹底的にチェックして、自分の感情をノートに素直にさらけ出してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました